白山の自然の恵みと食文化を届ける養魚場

イワナの稚魚のかき玉汁

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの稚魚のかき玉汁』のレシピをご紹介します。イワナの稚魚は油料理だけでなく汁ものにしても美味しいです。ぜひ、ごま油の風味が広がったかき玉汁をお楽しみください。

材料(2人前)

  • イワナの稚魚 1パック(300g)
  •  塩(ぬめり取り用) 大さじ1程度
  • にら 1/2束(50g)
  • 卵 2個
  • ごま油 大さじ1
  • だし汁 300ml

調味料

  • (a)醤油 小さじ2
  • (a)みりん 小さじ1

トッピング

  • ラー油 お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナの稚魚をざるに入れ、全体に塩をまぶし、軽く何度か手で優しくもみ洗いを行う。その後、流水で洗い流し、さっと水気を拭き取っておく。

  1. にらは2㎝程度の長さに切る。
  2. 鍋にごま油を入れて熱し、イワナの稚魚を炒める。
  3. だし汁を入れて沸騰したら、にら、卵を溶き入れてかきたま汁にする。
  4. 【調味料】(a)で味をととのえ、お椀に盛る。最後にお好みでラー油をかける。

ポイント

☑イワナの稚魚には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくと臭みの緩和や扱いやすくなります。もみ洗いする際、力が強すぎると内臓が出やすくなるので注意しましょう。
☑手順2:イワナの稚魚を炒める際は、稚魚がボロボロになりやすいので、かき混ぜ過ぎに気をつけるとよいです。

 

 

 

イワナの稚魚の山椒煮

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの稚魚の山椒煮』レシピをご紹介します。イワナの稚魚は実山椒との相性抜群!アツアツでも冷めても美味しい、箸休めに喜ばれる1品です。実山椒の香りと味がイワナの稚魚を食べやすくしてくれます。

材料(3~4人前)

  • イワナの稚魚 1パック(300g)
  • 塩(ぬめり取り用) 大さじ1程度
  • 生姜(スライス) 1かけ分(10g)
  • 実山椒(水煮) 大さじ1と1/2

調味料

  • (a)水 100ml
  • (a)日本酒  100ml
  • (a)みりん 大さじ2
  • (a)砂糖 大さじ1
  • (a)酢 大さじ1
  • (a)醤油 大さじ1と1/2

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナの稚魚をざるに入れ、全体に塩をまぶし、軽く何度か手で優しくもみ洗いを行う。その後、流水で洗い流し、さっと水気を拭き取っておく。

  1. フライパンに【調味料】(a)を入れて煮立たせ、生姜、イワナの稚魚を入れ、火が通るまで煮る。
  2. 実山椒を加え、やや強めの弱火でお好みの濃度まで煮詰める。粗熱を取って、1日漬ける。

ポイント

☑イワナの稚魚には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくと臭みの緩和や扱いやすくなります。もみ洗いする際、力が強すぎると内臓が出やすくなるので注意しましょう。
☑お好みで煮るのではなく、揚げる山椒煮も美味しいです。

 

イワナの稚魚入りアヒージョ

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの稚魚入りアヒージョ』のレシピをご紹介します。イワナの稚魚はアヒージョにしても美味しく食べられますよ^^作り方も少し炒めてオリーブオイルで煮込むだけ。手軽に作れるのも嬉しいところ。1人暮らしの方にもぜひ、作ってみていただきたいメニューです。

材料(2人前)

  • イワナの稚魚 1パック(300g)
  •  塩(ぬめり取り用) 大さじ1程度
  • ブロッコリー 8房(100g)
  • マッシュルーム 6個(80g)
  • オリーブオイル 150ml
  • にんにく(みじん切り) 1かけ分(5g)
  • 赤唐辛子(小口切り)  1本分
  • 塩 ひとつまみ

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナの稚魚をざるに入れ、全体に塩をまぶし、軽く何度か手で優しくもみ洗いを行う。その後、流水で洗い流し、さっと水気を拭き取っておく。

  1. ブロッコリーは小房に分け、マッシュルームは半分にする。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく、赤唐辛子を入れる。
  3. にんにくの香りが出てきたらイワナの稚魚、①、塩を入れて中火で加熱する。
  4. 具材に火が通ったらお皿に盛り付ける。

ポイント

☑イワナの稚魚には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくと臭みの緩和や扱いやすくなります。もみ洗いする際、力が強すぎると内臓が出やすくなるので注意しましょう。

 

 

 

イワナの煮付け

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの煮付け』のレシピをご紹介します。養魚なので、ほとんど臭みもなく、美味しい煮付けを作ることができます。甘じょっぱいイワナの煮漬けでごはんが進むこと間違いなし!ぜひ食卓に出して家族の反応を伺ってみてくださいね♪

材料(2人前)

  • イワナ 2尾(2パック)
  • 塩(ぬめり取り用) 小さじ2程度

調味材料

  • (a)だし汁 150ml
  • (a)酒 50ml
  • (a)砂糖 大さじ3
  • (a)醤油 50ml
  • (a)生姜(スライス) 1かけ分(10g)

付け合わせ

  • ほうれん草(お浸し) お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナ全体に塩をまぶし、キッチンペーパーでこすりながら、流水で洗い流しておく。その後さっと水気を拭き取っておく。

  1. イワナの表面に×の切れ目を入れる。
  2. フライパンに【調味材料】(a)を入れてひと煮立ちさせ、イワナを入れる。
  3. 落とし蓋をしてやや強めの弱火にし、20分ほど火にかける。
  4. お皿にイワナを盛り付け、煮汁をかける。最後に生姜、【付け合わせ】を添える。

ポイント

☑イワナの表面には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくとよいでしょう。臭みの緩和やまな板のうえで滑りにくくなり、扱いやすくなります。
☑表面に×の切れ目を入れたり、③のときに時々煮汁をかけると味が染みやすくなります。

イワナのパエリア

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナのパエリア』のレシピをご紹介します。見た目が華やかなので、フライパンごと食卓に出してもよし!ホームパーティなどにも喜ばれる1品です。お好みの具材を入れて美味しく召し上がってみてください。

材料(2人前)

  • イワナ 2尾(2パック)
  • 塩(ぬめり取り用) 小さじ2程度
  • 玉ねぎ 1個(200g)
  • にんにく 1かけ(5g)
  • パプリカ(赤・黄) 各40g
  • ぶなしめじ 1/2パック(70g)
  • ブイヨン(お湯200ccに溶かしておく) 1個
  • オリーブオイル 大さじ3(大さじ2、大さじ1で分けておく)
  • 白ワイン 50ml
  • 米(ザルで洗って水切りしておく) 1合
  • サフラン  小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • こしょう ひとつまみ

付け合わせ

  • イタリアンパセリ お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナ全体に塩をまぶし、キッチンペーパーでこすりながら、流水で洗い流しておく。その後さっと水気を拭き取っておく。

  1. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りに、パプリカは粗みじん切りにする。ぶなしめじは石づきを取り、小房に分けておく。
  2. フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、イワナ、白ワインを加え、蓋をして10分ほど蒸し焼きにする(途中裏返す)。イワナに火が通ったら取り出しておく。
  3. 残りのオリーブオイル、にんにくを加え炒め、香りが立ったら、玉ねぎ、米、サフランを加えて炒める。
  4. 米に透明感が出てきたら、お湯で溶かしておいたブイヨンスープを注ぎ、塩、こしょうで味をととのえる。
  5. ぶなしめじ、パプリカを加えて軽く混ぜてから蓋をして、やや強めの弱火で15分ほど加熱する。
  6. ②のイワナをのせ火を止める。余熱で5分ほど置き、【付け合わせ】を添える。
  7. 器に盛る前に、イワナの骨をはずし、身をごはんに混ぜ込んでからよそる。

ポイント

☑イワナの表面には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくとよいでしょう。臭みの緩和やまな板のうえで滑りにくくなり、扱いやすくなります。

 

味が斬新⁉ピリッと辛いイワナの炊き込みご飯

管理栄養士 横川仁美さん監修『味が斬新⁉ピリッと辛いイワナの炊き込みご飯』のレシピをご紹介します。下味は焼肉のたれ、味付けにはコンソメ、コチュジャンと、今回は、いつもの炊き込みご飯とちょっと違う!?ぜひ、さまざまな調味料とイワナが合わさった、斬新な味をお楽しみください!キムチの歯ごたえも美味しいです^^

材料(2人前)

  • イワナ 2尾(2パック)
  • 塩(ぬめり取り用) 小さじ2程度
  • 米 2合
  • 水 2合の目盛りまで

下味

  • 焼肉のたれ 大さじ3

調味料

  • (a)コンソメ(固形)  1個
  • (a)コチュジャン 小さじ1/2
  • (a)ごま油 小さじ1
  • (a)キムチ 100g

トッピング

  • 三つ葉 お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナ全体に塩をまぶし、キッチンペーパーでこすりながら、流水で洗い流しておく。その後さっと水気を拭き取っておく。

  1. 米は水で洗い水気を切っておく。イワナはぶつ切り(4分割)にしてから、さらに半分にしてなるべく骨を取り除き、【下味】焼き肉のたれに30分ほど漬ける。 
  2. 炊飯器に米、【調味料】(a)、水を入れ、汁を切ったイワナをのせて炊飯する。
  3. 炊きあがったら優しくかき混ぜ、器に盛る。お好みで三つ葉を【トッピング】する。

ポイント

☑イワナの表面には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくとよいでしょう。臭みの緩和やまな板のうえで滑りにくくなり、扱いやすくなります。
☑手順1:三枚おろしができる方はそちらの切り方でもOK!
☑辛いものが苦手なお子様には、白いご飯を混ぜてあげたりするとよいでしょう。

あったか♪イワナ鍋

寒い日はイワナ鍋で温まりませんか?管理栄養士 横川仁美さん監修『あったか♪イワナ鍋』のレシピをご紹介します。心もほっこり♪しながら、野菜がしっかり摂れるメニュー。ぜひ、家族みんなでアツアツの鍋を囲んで食事の時間をお楽しみください。

材料(3~4人前)

  • イワナ 2尾(2パック)
  • 塩(ぬめり取り用) 小さじ2程度
  • 鶏もも肉 200g
  • 白菜 6枚(300g)
  • しいたけ 3~6個(70g)
  • 長ねぎ 1本(100g)
  • 人参 20g

合わせ調味料

  • (a)だし汁 500ml
  • (a)塩 ひとつまみ
  • (a)醤油 大さじ4
  • (a)みりん 大さじ2
  • (a)酒 大さじ2

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナ全体に塩をまぶし、キッチンペーパーでこすりながら、流水で洗い流しておく。その後さっと水気を拭き取っておく。

  1. イワナはブツ切り(4分割)にする。鶏もも肉は大きめの一口大に切っておく。
  2. 白菜はざく切りにし、しいたけは飾り切り、長ねぎは約5cm程度の斜め切りにする。人参はスライサーでスライスする。
  3. 鍋にすべての材料を並べ、【合わせ調味料】(a)を入れて10分ほど蓋をして煮る。

ポイント

☑イワナの表面には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくとよいでしょう。臭みの緩和やまな板のうえで滑りにくくなり、扱いやすくなります。
☑しいたけ:飾り切りが苦手な方は半分にするなど、食べやすい大きさにカットしてください。

イワナのマース煮

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナのマース煮』のレシピをご紹介します。塩と泡盛だけで作られるマース煮は沖縄の伝統料理の1つ。素材の味を大切にしたい方におすすめの1品です。シンプルで作りやすいので、料理が苦手な方にもよいでしょう。

材料(2人前)

  • イワナ 2尾(2パック)
  • 塩(ぬめり取り用) 小さじ2程度
  • 昆布(乾) 1枚(5cm×10cm)
  • 水 400ml
  • 泡盛(又は酒) 大さじ3
  • 生姜(スライス) 1かけ分(10g)
  • 塩 小さじ2

付け合わせ

  • 木綿豆腐 1/2パック(200g)
  • わかめ(乾) 3g

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナ全体に塩をまぶし、キッチンペーパーでこすりながら、流水で洗い流しておく。その後さっと水気を拭き取っておく。

  1. イワナは包丁で、昆布ははさみで3か所ほど切れ目を入れる。豆腐はお好みの大きさに切り、わかめは水で戻しておく。
  2. フライパンに水、泡盛、昆布、生姜、塩を入れて沸騰させる。弱火にしてイワナ、豆腐を入れ、落とし蓋をして10分ほど煮る。
  3. イワナに火が通ったら煮汁の味を確認して、分量外の塩で味をととのえる。
  4. 昆布を取り出し、生姜、煮汁と一緒に、お皿に盛り付ける。最後に【付け合わせ】豆腐、わかめを添える。

ポイント

☑イワナの表面には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくとよいでしょう。臭みの緩和やまな板のうえで滑りにくくなり、扱いやすくなります。

 

イワナの稚魚南蛮

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの稚魚南蛮』のレシピをご紹介します。揚げたイワナの稚魚に調味料がしみ込んで、さっぱりと美味しいメニューに。玉ねぎやピーマン、人参も合わせているので揚げ物が大好き!でも野菜もしっかり食べたい!!という方におすすめです。

材料(2人前)

  • イワナの稚魚 1パック(300g)
  •  塩(ぬめり取り用) 大さじ1程度
  •  玉ねぎ 1/2個(100g)
  • ピーマン  1個(22g)
  • 人参 1/3本(50g)
  •  小麦粉 適量
  •  揚げ油 適量

調味材料

  • (a) 酢 大さじ5
  • (a) だし汁  大さじ5
  • (a) 砂糖  大さじ5
  • (a) 醤油 大さじ1
  • (a) 赤唐辛子(小口切り) 1本分

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナの稚魚をざるに入れ、全体に塩をまぶし、軽く何度か手で優しくもみ洗いを行う。その後、流水で洗い流し、さっと水気を拭き取っておく。

  1. 玉ねぎは薄切り、ピーマンは細切りにする。人参は千切りにする。
  2. バットに【調味材料】(a)と①を入れる。
  3. イワナの稚魚は小麦粉を薄くまぶし、170℃の揚げ油で揚げる。
  4. 油をきって器に盛り付け、そのうえに②を盛る。

ポイント

☑イワナの稚魚には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくと臭みの緩和や扱いやすくなります。もみ洗いする際、力が強すぎると内臓が出やすくなるので注意しましょう。

 

 

 

イワナの稚魚のかき揚げ

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの稚魚のかき揚げ』のレシピをご紹介します。異なる具材を一緒に揚げることで食べた時の食感や風味が楽しめるかき揚げ。そんなかき揚げにイワナの稚魚を入れてみました^^ほろ苦い稚魚を野菜とともに存分に美味しく召し上がることができますよ。

材料(6個分)

  • イワナの稚魚 1パック(300g)
  • 塩(ぬめり取り用) 大さじ1程度
  • 玉ねぎ  1/2個(100g)
  • 人参 1/4本(25g)
  • 三つ葉 2束
  • 卵 1個(58g)
  • 冷水 卵と合わせて1カップになる量
  • 小麦粉 1カップ
  • 揚げ油 適量

付け合わせ

  • 塩 お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナの稚魚をざるに入れ、全体に塩をまぶし、軽く何度か手で優しくもみ洗いを行う。その後、流水で洗い流し、さっと水気を拭き取っておく。

  1. 玉ねぎは薄切りにし、人参は細切り、三つ葉は2cm程度に切る。
  2. 計量カップに卵を割りほぐし、冷水を入れて1カップにする。さらに小麦粉も入れてさっくり混ぜ合わせておく。
  3. ②に①、イワナの稚魚を入れてさっと混ぜ合わせる。
  4. ③を大きめのスプーンなどですくって、170℃の揚げ油で揚げる。油をきって塩と一緒にお皿に盛り付ける。

ポイント

☑イワナの稚魚には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくと臭みの緩和や扱いやすくなります。もみ洗いする際、力が強すぎると内臓が出やすくなるので注意しましょう。
天ぷら粉を使うと便利です。パッケージの記載方法で作ってみてください。
三つ葉の代わりに、季節に合わせて大葉、春菊を入れても美味しいでしょう。
☑かき揚げを綺麗に仕上げるコツ♪
クッキングシートのうえにかき揚げをのせ、形をととのえてから揚げてみてください。ペーパーが自然にはがれてきたら、火傷に注意しながらペーパーを取りだしましょう。
※クッキングシート=キッチンペーパーではないのでご注意ください。利用する場合は必ず耐熱性のあるクッキングシートをご利用ください。


 

 

レモン風味のニジマスのクリーム煮

管理栄養士 横川仁美さん監修『レモン風味のニジマスのクリーム煮』レシピをご紹介します。コクがあるクリームにレモンを入れるだけでさっぱりと爽やかな1品に♪
工程も少ないのに、オシャレに見えるのでちょっとしたおもてなし時にも作ってみるのもおすすめです。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮なし) 2切れ(2パック)
  • 塩 少々
  • 小麦粉 適宜
  • ぶなしめじ 1/2パック(70g)
  • 玉ねぎ 1玉(200g)
  • レモン 1/3個(40g)
  • バター 10g

ソース

  • (a)白ワイン 大さじ1
  • (a)生クリーム 150ml
  • (a)醤油 小さじ1と1/2

トッピング

  • アスパラガス(焼き) お好みで

手順一覧

  1. ぶなしめじは石突きを切ってばらばらにする。玉ねぎは半分にカットして薄切りに、レモンは厚さ5㎜程度の輪切りにする。
  2. ニジマスは塩をふって、小麦粉をまぶす。
  3. フライパンにバター、ニジマスを入れ、両面色よく焼いていったん取り出す。
  4. ③のフライパンに玉ねぎ、ぶなしめじを入れて炒める。
  5. 玉ねぎがしんなりしたら弱火にし、【ソース】(a)を加え、ニジマスを戻し入れて8分ほど煮て具材に火を通す。
  6. レモンを加え、塩少々(分量外)で味を調え、器に盛る。最後にお好みで焼いたアスパラガスを添える。

ポイント

☑レモンがない場合は、市販のレモン汁をお好みでふりかけて食べてもよいでしょう。
☑手順3:ニジマスを取り出す際は、ペーパータオルのうえに取り出すと余分な油がきれてよいです。

ニジマスのカルパッチョ

管理栄養士 横川仁美さん監修『ニジマスのカルパッチョ』のレシピをご紹介します。
生のニジマスで洋風も楽しんでみるならカルパッチョがおすすめです。

ニジマスを薄く切ってお好みの食材と盛り付けていくだけで出来上がりますよ。
ソースは蜂蜜入りでほんのり甘く、ワインビネガーを入れてさっぱりと仕上げています。

今回は野菜だけでなく果物入り!お好みでオレンジなどを入れて、美味しく召し上がってみてください。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮なし) 2切れ(2パック)

ソース

  • (a)オリーブオイル 大さじ1
  • (a)はちみつ 大さじ1/2
  • (a)ワインビネガー 小さじ1
  • (a)レモン汁 小さじ1/3
  • (a)塩 少々

付け合わせ

  • 水菜(3~5㎝にカット) 1/7袋(15gほど)
  • ミニトマト(半分にカット) 2個
  • ぶどう 4粒

トッピング

  • ディル お好みで
  • ピンクペッパー お好みで
  • 黒こしょう 少々

手順一覧

  1. 【ソース】(a)を混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やしておく。
  2. ニジマスは3mm厚くらいのそぎ切りにし、お皿に並べる。
  3. ②にお好みの【付け合わせ】、【トッピング】を添える。最後に①をまわしかけて召し上がれ。

ポイント

☑食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておくと、より一層美味しく食べられます。

ニジマスの卵とじ

管理栄養士 横川仁美さん監修『ニジマスの卵とじ』のレシピをご紹介します。
夕食にニジマスの卵とじはいかがでしょうか?

だし汁がきいた卵にからまったニジマスが美味しく、箸が止まらない♪一品です。
ごはんにのせて丼ぶりで召し上がっても良いでしょう。ぜひ、お好みで食べてみてください。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • 塩 少々
  • 玉ねぎ 1/2玉(100g)
  • しいたけ 2~3個(35g) 
  • 卵 2個

調味料

  • (a)醤油 大さじ1/2(又は大さじ1)
  • (a)みりん 大さじ1/2
  • (a)砂糖 大さじ1/2
  • (a)酒 大さじ1
  • (a)だし汁 100ml

トッピング

  • 三つ葉 お好みで

手順一覧

  1. ニジマスは塩をふって、3~4等分にする。玉ねぎは薄切り、しいたけも石突きを切って薄切りにする。
  2. フライパンに玉ねぎ、しいたけ、ニジマス、【調味料】(a)を入れ、沸騰したら、蓋をしてやや強めの弱火で8~10分ほど煮る。
  3. 玉ねぎに火が通ったら、ニジマスを裏返して溶き卵を加える。
  4. 卵がお好みの硬さになったら火を止め、器に盛る。最後に三つ葉を【トッピング】する。

ポイント

☑溶き卵を入れる時は、全体にまわしかけ、いきわたるようにしましょう。
☑卵にある程度火が通ったら、火からおろして余熱で火を通すと上手に仕上がります。

ニジマスのちゃんちゃん焼き

管理栄養士 横川仁美さん監修『ニジマスの ちゃんちゃん焼き』のレシピをご紹介します。
北海道の郷土料理として人気があるちゃんちゃん焼きをニジマスで作ってみました。

みそ風味のタレで野菜までたくさん食べられる1品です。
家族みんなでホットプレートで囲んで作ってみるのもおすすめのレシピです^^

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • 塩 少々
  • キャベツ 2~3枚(150g) 
  • にんにく 1かけ(5g)
  • もやし 1/2袋(100g)
  • サラダ油 大さじ1
  • コーン 大さじ1

タレ

  • (a)みそ 大さじ1と1/2
  • (a)酒 大さじ1/2
  • (a)みりん 大さじ1
  • (a)砂糖 小さじ1

手順一覧

  1. 【タレ】(a)を混ぜ合わせておき、ニジマスには塩をふっておく。
  2. キャベツはざく切りにし、にんにくは刻む。
  3. フライパンにサラダ油、にんにく、ニジマスを入れ、両面に焼き色をつける。
  4. ニジマスの周りにキャベツ、もやし、コーンを入れ、【タレ】(a)をまわし入れる。蓋をして5分ほど蒸し焼きにする。
  5. 具材に火が通ったら、全体をさっと混ぜ合わせてお皿に盛り付ける。

ポイント

☑お好みでバターをそえてもGOODです!

ニジマスのマーマレードステーキ

管理栄養士 横川仁美さん監修『 ニジマスのマーマレードステーキ』のレシピをご紹介します。マーマレードをパンに塗るだけじゃもったいない!甘めのおかずが大好きな方にはマーマレードジャムを使ったマーマレードステーキはいかがでしょうか?^^甘いものが大好きなお子様のおかずにもおすすめの1品です。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • バター 10g

下味

  • (a)酒 大さじ1
  • (a)醤油 大さじ1/2

ソース

  • (b)マーマレードジャム  大さじ3
  • (b)レモン汁 大さじ1
  • (b)酒 大さじ1

トッピング

  • イタリアンパセリ お好みで

手順一覧

  1. ジッパー袋にニジマス、【下味】(a)を入れ、時々、ゆすりながら冷蔵庫で30分~1時間ほど漬ける。
  2. フライパンにバター、ニジマスを入れ、弱火でじっくり両面色よく焼く。
  3. 中まで火が通ったら【ソース】(b)を入れてお好みの濃度まで煮詰め、お皿に盛り付ける。
  4. お好みでイタリアンパセリを【トッピング】する。

ポイント

☑ニジマスを焼く際には、必要なら蓋を使ったりして様子をみながら適宜調節しながら焼いてください。

ニジマスのバター醤油のムニエル

管理栄養士 横川仁美さん監修『 ニジマスのバター醤油のムニエル』レシピをご紹介します。脂がのったニジマスとバター醤油味の絡み合いがたまらない1品です。お好みでレモンをふって召し上がりください。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • 塩 少々
  • 小麦粉 適量
  • オリーブオイル 大さじ1

ソース

  • (a)バター 30g
  • (a)醤油 小さじ1/2

付け合わせ

  • べビリーフ お好みで
  • ラディッシュ(スライス) お好みで
  • ミニトマト お好みで
  • レモン(くし切り) お好みで

手順一覧

  1. ニジマスに塩をふり、小麦粉をまんべんなくつける。
  2. フライパンにオリーブオイル、ニジマスを入れ、皮目から弱火でじっくり焼く。焼き色がついたら、裏返して中まで火を通し、ペーパータオルのうえに取り出しておく。
  3. 小鍋に【ソース】(a)を入れて熱し、バターを溶かし、ひと煮立ちさせる。
  4. 【付け合わせ】と一緒に②をお皿に盛り付け、【ソース】(a)をかけて出来上がり。

ポイント

☑ソースの醤油の分量はお好みでご調整ください。

 

長芋とニジマスのコチュジャン和え

管理栄養士 横川仁美さん監修『長芋とニジマスのコチュジャン和え』レシピをご紹介します。

あっさりとしながらも脂がのっているニジマスにはコチュジャンもピッタリ!

しかも切って和えるだけの簡単レシピです。あと一品欲しい時、お酒のおつまみにいかがでしょうか?

材料(2人前)

  • ニジマス(皮なし) 2切れ(2パック)
  • 長芋 200g

タレ

  • (a)醤油 小さじ2
  • (a)コチュジャン 小さじ2
  • (a)ごま油 小さじ1
  • (a)酢 小さじ1と1/2(又は小さじ2)

トッピング

  • のり(刻み) お好みで

手順一覧

  1. 【タレ】(a)を器に混ぜておく。
  2. ニジマスと長芋は1㎝角、または食べやすい大きさに切る。
  3. ボールに①と②をさっと混ぜ、器に盛り付ける。
  4. お好みでのりを【トッピング】する。

ポイント

☑盛り付け時は【タレ】を少量入れています。お好みで召し上がりください。

ニジマスの旨辛!カレー風味のホイル焼き

管理栄養士 横川仁美さん監修『ニジマスの旨辛!カレー風味のホイル焼き』レシピをご紹介します。カレーは子どもから大人まで人気のメニュー。もちろん、ニジマスもカレーと相性抜群です!チーズも入れることでグラタン風にもなり、今日の夕飯にこちらを出せばきっと家族の胃袋をつかんで離さないでしょう(笑)

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • 塩 少々
  • 玉ねぎ 1玉
  • ぶなしめじ 1/2袋
  • とろけるチーズ 50g

調味料

  • (a)マヨネーズ 大さじ2
  • (a)カレー粉 小さじ2
  • (a)醤油 小さじ1
  • (a)砂糖 小さじ1

トッピング

パセリ(刻み) お好みで

手順一覧

  1. ニジマスは塩をふる。【調味料】(a)は器に混ぜ合わせておく。
  2. 玉ねぎは半分にカットして薄切りに、ぶなしめじは石突きを切ってばらばらにする。
  3. アルミホイルのうえに、玉ねぎ、ニジマス、【調味料】(a)、とろけるチーズ、ぶなしめじの順でのせて包み、グリルで15分ほど焼く。
  4. お好みでパセリを【トッピング】して召し上がれ。

ポイント

☑辛いのが苦手な方は、カレー粉を小さじ1など少なめにするとよいでしょう
☑焼き時間は、ご家庭のグリルの強さに合わせてご調整ください。

ニジマスのおろし煮

管理栄養士 横川仁美さん監修『ニジマスのおろし煮』のレシピをご紹介します。大根おろしをたっぷり使い、さっぱりと♪アツアツで食べても、冷めても美味しい!ぜひ、ニジマスを使ったおろし煮をお楽しみください。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • 塩 少々
  • 大根 5cm(200g)
  • 片栗粉 適量
  • ごま油 大さじ1

調味材料

  • (a)赤唐辛子(小口切り) 1/2本分
  • (a)醤油 大さじ1/2強(又は小さじ2)
  • (a)みりん 大さじ1
  • (a)砂糖 大さじ1/2
  • (a)だし汁 100ml

トッピング

  • かいわれ大根 お好みで

手順一覧

  1. 大根は皮ごとすりおろす。【調味材料】(a)は混ぜ合わせておく。
  2. ニジマスは、塩をふって片栗粉をまぶす。
  3. フライパンにごま油、ニジマスを入れ、両面色よく焼く
  4. 【調味材料】(a)を入れて煮立て、沸騰したら落し蓋をし、やや強めの弱火でコトコト5分ほど煮て中まで火を通す。
  5. 大根おろしを汁ごと入れ、さっと煮たら器に盛り、かいわれ大根を【トッピング】する。

ポイント

☑大根おろしを入れたら煮過ぎないようにしましょう。大根の風味を楽しめます。
☑大根がない場合はかぶで代用ください。

ニジマスのアクアパッツア

管理栄養士 横川仁美さん監修『ニジマスのアクアパッツア』のレシピをご紹介します。ニジマスをオリーブオイル、にんにくで炒め、白ワイン、あさり、ミニトマトで煮込んだ魚介スープが美味しい!簡単なのに豪華に見えるのでパーティーにもおすすめのメニューです。ご家族やお友達とぜひ味わってみてください。

材料(2人前)

  • ニジマス(皮あり) 2切れ(2パック)
  • ミニトマト 5つ(72g)
  • にんにく   1かけ(5g)
  • あさり(殻付き/砂抜き済み) 1パック(200g)
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 白ワイン 50ml
  • 塩 少々(必要であれば)

    トッピング

  • イタリアンパセリ お好みで

手順一覧

  1. ミニトマトは半分に切り、にんにくはみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル、にんにくを熱し、香りがでてきたらニジマスを入れて両面に焼き色をつける。
  3. あさり、白ワイン、ミニトマトを加える。沸騰したら、やや強めの弱火にしてあさりの口が開くまで、蓋をして蒸し焼きにする。
  4. 塩で味を調え、お皿に盛り付ける。最後にお好みでイタリアンパセリを【トッピング】する。

ポイント

☑オリーブなど入れて、お好みでアレンジしてみてください。

代表 坪田 直樹

当養魚場は豊かな自然に囲まれた石川県白山市深瀬(ふかぜ)という場所で家族四人と猫一匹でイワナやニジマスなどを主に育てています。ここは一年中、山からの冷たい天然水をひけるので自然に近い状態で魚たちものびのびと育っています。大量生産はできませんが、品質にこだわり、愛情をたっぷり込めて育てております。

banner banner

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ