岩魚のそろばん南蛮漬けの特徴とおすすめする理由

通なら知ってる酒の友「岩魚のそろばん南蛮漬け」

こんにちは、淡水養魚場「白山堂」3代目の坪田直樹です。今回は「岩魚のそろばん南蛮漬け」の特徴とおすすめする理由について解説してみます。

「そろばん」って何だろう?あの木でできた珠(たま)で計算するアレかな?と思った方は正解です。姿形があの「そろばん玉」の様で名前の付いた地元には古くから伝わる酢の物です。酒の友と言いながら実はウチの母はお酒飲まないのにバクバク食べている酢の物好きの方におすすめな一品になっています。

こんな時におすすめ

  • 晩酌に!
  • BBQなどの箸休めに!
  • 日々の食卓のもう一品に!

岩魚のそろばん南蛮漬けの食文化ストーリー

この「南蛮漬け」は酢漬け料理のひとつなのですが、もともとどんな歴史のある食べ物かというと、昔の人は釣ってきた魚を日持ちさせるために酢につけていました。今でもサバだったり酢で〆る料理がありますよね。

形の良いものは刺身や焼き物にして食べちゃうので雑魚だったり、形のわるいものを昔はつけて食べていたようです。

岩魚のそろばん南蛮漬けはこんな味!

岩魚のそろばん南蛮漬けはさっぱり系の酢の物ですが、ねぎや南蛮の入ったダシ酢にしっかりしみた岩魚の輪切りを口に入れるとじゅわっと味わい深く、うまみが広がります。

実は昔のままの味だと現代の人にはかなり酢がきつすぎるので、現代風に食べやすくアレンジしています。

よくあるご質問

Q.骨はありますか?

A.ありません。酢漬けの前に一度揚げてあるので小骨も柔らかく気にせずそのまま食べれます。

Q.温めて食べたほうが良いですか?

A.冷やして食べたほうが美味しいです!冷蔵庫で解凍後そのままお皿にうつしてお召し上がりください。

製品情報

名称 そうざい(岩魚のそろばん南蛮漬け)
原材料名 調味酢(米酢、砂糖、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、食塩、果糖)(国内製造)、イワナ、ねぎ、植物油脂、唐辛子、小麦粉、いわなだし/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦を含む)
内容量 70g(切り身、汁を含むと100g)
賞味期限 冷凍保存で到着後1カ月程度
保存方法 要冷凍(-18℃以下で保存してください。)
製造者 ㈱白山堂石川県白山市深瀬120番地

栄養成分表示(100g当たり)

熱量(カロリー) 205kcal
たんぱく質 18.7g
脂質 11.8g
炭水化物 6.1g
食塩相当量 1.2g

本商品に含まれているアレルギー物質(特定原材料等7品目中)

小麦

購入はこちらから

岩魚のそろばん南蛮漬けは下記よりご購入いただけます。

岩魚のそろばん南蛮漬け

淡水養魚場「白山堂」
石川県白山市、山の麓にある淡水養殖場です。イワナ、ヤマメ、ニジマスなどを創業の70年前より3代に渡って育てています。料理やレシピの他、養殖場の様子や出来事などを更新しています。

コメントを残す