淡水養魚場「白山堂」について

豊かな自然に囲まれた石川県白山市深瀬(ふかぜ)という場所で、山からの天然水を用い、淡水魚の発眼卵、稚魚、成魚の生産に取り組んでいます。

安心の食材を育てています

当養魚場ではイワナやニジマスなどを主に育てています。

ここは一年じゅう山から冷たい水をひけるので自然に近い状態で魚たちものびのびと育っています。

大量生産はできませんが、品質にこだわり、卵の状態から愛情をたっぷり込めて育てております。

秋には赤とんぼが舞い幻想的な風景が見られますが、冬にはこのように雪がたくさん降ります。北陸は雨も雪も厳しいですが、それもすべて自然の恵みだと考えています。

三代続く老舗養魚場の想い

弊社はこの地で創業の約70年前より三代に渡って淡水魚および加工品の提供を行ってきました。

しかし、「長く続いていること=良い」ではないと考えています。

これからもお客様に価値を届けられる愛される養魚場であり続けるのために、努力を惜しまず、常識にとらわれず進化し続けていきたい。それが「白山堂」の想いです。

下記より当場の今や取り組みについてご覧いただけます。