白山の自然の恵みと食文化を届ける養魚場

イワナの稚魚のかき玉汁

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナの稚魚のかき玉汁』のレシピをご紹介します。イワナの稚魚は油料理だけでなく汁ものにしても美味しいです。ぜひ、ごま油の風味が広がったかき玉汁をお楽しみください。

材料(2人前)

  • イワナの稚魚 1パック(300g)
  •  塩(ぬめり取り用) 大さじ1程度
  • にら 1/2束(50g)
  • 卵 2個
  • ごま油 大さじ1
  • だし汁 300ml

調味料

  • (a)醤油 小さじ2
  • (a)みりん 小さじ1

トッピング

  • ラー油 お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナの稚魚をざるに入れ、全体に塩をまぶし、軽く何度か手で優しくもみ洗いを行う。その後、流水で洗い流し、さっと水気を拭き取っておく。

  1. にらは2㎝程度の長さに切る。
  2. 鍋にごま油を入れて熱し、イワナの稚魚を炒める。
  3. だし汁を入れて沸騰したら、にら、卵を溶き入れてかきたま汁にする。
  4. 【調味料】(a)で味をととのえ、お椀に盛る。最後にお好みでラー油をかける。

ポイント

☑イワナの稚魚には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくと臭みの緩和や扱いやすくなります。もみ洗いする際、力が強すぎると内臓が出やすくなるので注意しましょう。
☑手順2:イワナの稚魚を炒める際は、稚魚がボロボロになりやすいので、かき混ぜ過ぎに気をつけるとよいです。

 

 

 

代表 坪田 直樹

当養魚場は豊かな自然に囲まれた石川県白山市深瀬(ふかぜ)という場所で家族四人と猫一匹でイワナやニジマスなどを主に育てています。ここは一年中、山からの冷たい天然水をひけるので自然に近い状態で魚たちものびのびと育っています。大量生産はできませんが、品質にこだわり、愛情をたっぷり込めて育てております。

banner banner

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ