白山の自然の恵みと食文化を届ける養魚場

イワナのパエリア

管理栄養士 横川仁美さん監修『イワナのパエリア』のレシピをご紹介します。見た目が華やかなので、フライパンごと食卓に出してもよし!ホームパーティなどにも喜ばれる1品です。お好みの具材を入れて美味しく召し上がってみてください。

材料(2人前)

  • イワナ 2尾(2パック)
  • 塩(ぬめり取り用) 小さじ2程度
  • 玉ねぎ 1個(200g)
  • にんにく 1かけ(5g)
  • パプリカ(赤・黄) 各40g
  • ぶなしめじ 1/2パック(70g)
  • ブイヨン(お湯200ccに溶かしておく) 1個
  • オリーブオイル 大さじ3(大さじ2、大さじ1で分けておく)
  • 白ワイン 50ml
  • 米(ザルで洗って水切りしておく) 1合
  • サフラン  小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • こしょう ひとつまみ

付け合わせ

  • イタリアンパセリ お好みで

手順一覧

【下処理(ぬめり取り)】
イワナ全体に塩をまぶし、キッチンペーパーでこすりながら、流水で洗い流しておく。その後さっと水気を拭き取っておく。

  1. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りに、パプリカは粗みじん切りにする。ぶなしめじは石づきを取り、小房に分けておく。
  2. フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、イワナ、白ワインを加え、蓋をして10分ほど蒸し焼きにする(途中裏返す)。イワナに火が通ったら取り出しておく。
  3. 残りのオリーブオイル、にんにくを加え炒め、香りが立ったら、玉ねぎ、米、サフランを加えて炒める。
  4. 米に透明感が出てきたら、お湯で溶かしておいたブイヨンスープを注ぎ、塩、こしょうで味をととのえる。
  5. ぶなしめじ、パプリカを加えて軽く混ぜてから蓋をして、やや強めの弱火で15分ほど加熱する。
  6. ②のイワナをのせ火を止める。余熱で5分ほど置き、【付け合わせ】を添える。
  7. 器に盛る前に、イワナの骨をはずし、身をごはんに混ぜ込んでからよそる。

ポイント

☑イワナの表面には独特のぬめりがあるので、調理する前に取り除いておくとよいでしょう。臭みの緩和やまな板のうえで滑りにくくなり、扱いやすくなります。

 

代表 坪田 直樹

当養魚場は豊かな自然に囲まれた石川県白山市深瀬(ふかぜ)という場所で家族四人と猫一匹でイワナやニジマスなどを主に育てています。ここは一年中、山からの冷たい天然水をひけるので自然に近い状態で魚たちものびのびと育っています。大量生産はできませんが、品質にこだわり、愛情をたっぷり込めて育てております。

banner banner

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ