おうちでできる!イワナの塩焼きの作り方とコツ

当場の「岩魚(冷凍・内臓処理済み)」を使って、岩魚の塩焼きを作る方法を解説します。

岩魚の塩焼きの調理手順

1.袋のまま解凍

袋に入れたまま流水解凍(10分~15分程度)して、取り出します。内臓処理済みなので、すぐに調理を開始できます。

※内臓処理をしているため、血(のり)が滲んでいる場合がありますが品質上は問題ございません。洗い流してご利用ください。

2.塩をつける

塩をつけていきます。まずはヒレや尻尾にたっぷりつけます。

その後全体的に軽く塩を振ります。

反対側も同じように塩を振ってください。

※塩は天然塩がオススメです。

3.焼く

グリル、またはフライパンにクッキングシートを敷いて中火で18~19分程度焼きます。

岩魚は水分を飛ばした方が美味しい魚なので、こんがり焼いてください。

※機種により温度設定や調理時間が異なる場合があるので様子を見ながら調整してください。

完成

焼き目がついたら出来上がりです。骨がありますので、注意しながら召し上がってください。

淡水養魚場「白山堂」
石川県白山市、山の麓にある淡水養殖場です。イワナ、ヤマメ、ニジマスなどを創業の70年前より3代に渡って育てています。料理やレシピの他、養殖場の様子や出来事などを更新しています。

コメントを残す