魚について

当場で飼育している淡水魚

当養魚場で飼育している淡水魚についてご紹介いたします。

岩魚(イワナ)

日本のイワナは、大きくオショロコマとエゾイワナ(アメマス)に分けられる。ニッコウイワナ・ヤマトイワナ・ゴギ等、すべてエゾイワナの地方異変と言える。各地で乱雑な放流、流通が進み中間種も多くみられる。イワナは、やはり塩焼きが最高で、次にコツ酒、刺身では小型の方が味が良い。塩焼きの香ばしさは、アユとはまた違った魅力である。東北以北では降海する個体もあり時々刺網で捕獲されるが、銀化(スモルト)してサケのようである。

白山べに鱒(ニジマス)

原産地は、北米大陸のアラスカからカリフォルニアにかけての河川で、日本には1877年以降たびたび移入された。現在「ご当地サーモン」と呼ばれるサーモンのほとんどはニジマス。資料の質や、植物の性の油脂を加えることで味がぐっと良くなる。また、3~5kg(4~5年魚)サイズのものは、特に油ものり刺身もうまい。また、燻製にすると他の従来マスよりはるかにうまい。卵はサケのいくらより生臭みがなく、利用範囲も広い。

※生魚の一般販売は行っておりません。

山女(ヤマメ)

降海期に、生殖腺の発達の著しいものが川へ残ってヤマメとなり、発達のあまりよくないものが一部海へ下ってサクラマスとなる。オスのほうが早く成熟するのでヤマメにはオスが多く、サクラマスにはメスが多い。ただし、南のほうへいくほど降海するものは少なくなり、近畿地方の多くの川では全く降海せず、ヤマメのオスとメスはほぼ同数である。海に降りる個体(サクラマス)はうろこが発達し、パーマークも見えなくなる。これをスモルト(銀化)と言い、海では甲殻類や小魚を捕食し、オホーツクあたりまで回遊する。降海後約1年半程で母川回帰し、河川残留のヤマメとも交配する。富山の「ます寿し」が有名であるが、素焼きのアツアツに醤油をかけて食べるのが特にうまい。稚魚の天ぷらや素揚げも独特の苦味が風味となって喜ばれる。
※ヤマメは放流用のみの扱いとなります。一般販売は行っておりません。

蝶鮫(チョウザメ)

チョウザメは実はサメではありません。海のサメとは違う3億年前から存在する古代魚です。背中や体側に縦一列に並ぶ骨のように硬いウロコが蝶々が羽を広げているように見えることからチョウザメと呼ばれています。

※販売は行っていません。