白山の自然の恵みと食文化を届ける養魚場

メニュー

白山堂について

白山の自然の恵みと
食文化を届ける養魚場

豊かな自然に囲まれた石川県白山市、霊峰白山の麓にある深瀬(ふかぜ)という場所で、創業以来70年以上、イワナやニジマスなど淡水魚の生産・加工販売に取り組んでいます。

現在は二代目の父、母、姉、3代目の私、そして猫一匹で運営しております。

ここは一年じゅう山から冷たい水をひけるので自然に限りなく近い状態で魚たちものびのびと育っています。

大量生産はできませんが、品質にこだわり、卵の状態から愛情をたっぷり込めて育てております。

養魚場には四季折々の表情があります。春には雪解けとともに木々や植物が芽吹き、夏は満天の青空が広がって、秋には紅葉で色づく山々を背景に赤とんぼが舞い、冬にはたくさんの雪が積もります。

北陸は雨も雪も厳しいですが、それもすべて自然の恵みだと私たちは考えています。

雪国の厳しい環境を生き抜いた、身の引き締まった魚を、ぜひ心ゆくまでご堪能下さい。

北陸・加賀白山からおいしいごはんと
楽しい時間をお届けします!

弊社は戦後すぐの1946年、この地に創業しました。それから約70年もの間、養殖事業を軸にレストランや土産もの屋などの形態で、渓流料理を提供してきました。

「生産者にして料理人」両方の経験と知識・技術をもっていることが当社の強みです。

ふだん食べ慣れない渓流魚。「どう調理すればいいの?」と、戸惑ってしまう方も少なくありません。そこで当社では、解凍や簡単な調理だけでお召し上がりいただけるよう、「おそうざい」にしてお届けすることにしました。

手軽に、本格的な渓流料理を楽しんでいただけます。

また商品カタログやブログ・動画等を通じて、それぞれのお料理の楽しみ方や文化背景なども存分にお伝えしていきます。渓流料理の世界観や雰囲気もあわせてお楽しみください。

生産者、そして料理人として培ってきた技術とノウハウを活かし、渓流料理の世界とおいしさを丸ごとご自宅までお届けします!

三代続く老舗養魚場の想い

弊社はこの地で創業の70年前より三代に渡って淡水魚および加工品の提供を行ってきました。

しかし、「長く続いていること=良い」ではないと考えています。

これからもお客様に価値を届けれれる愛される養魚場であり続けるために、努力を惜しまず、常識にとらわれず進化し続けていきたい。それが「白山堂」の想いです。

代表 坪田 直樹

当養魚場は豊かな自然に囲まれた石川県白山市深瀬(ふかぜ)という場所で家族四人と猫一匹でイワナやニジマスなどを主に育てています。ここは一年中、山からの冷たい天然水をひけるので自然に近い状態で魚たちものびのびと育っています。大量生産はできませんが、品質にこだわり、愛情をたっぷり込めて育てております。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ